だからか、微妙な関係は。

嫁に向かって、「お~い。こんなおもちゃを買って来たぞ」と見せると、おそらくドン引きされるとおもいます。
また、嫁さんが主人に向かって「こんなすてきなアダルトグッズがあるよ」と見せると、夫は怪訝そうな顔になるでしょう。

夫婦ってこんな感じなんですよね。

つまり、お互いがよく知っているからこそ、たまにこのようなサプライズ的なことをすると驚くかもしくは引かれるかどちらかであるとおもいます。

つまり、マイナス方向にしか働かないんじゃないかなと思います。

これが微妙な関係と繋がっていくような気がします。

ですので、おもちゃの微妙な関係というのは夫婦仲がよければよいほど、相手のことを知っていれば知っているほど、余計に微妙な関係になってくると思います。
こういった時は相手に喜んでもらうとかではなく、自分にとってこの商品がこんな品だということをアピールする形で、相手にしてみると良いのではないかと思います。「あなたがこんなに夢中になるなんて」とか。

「そんな商品を使う習慣があったんだ?」とか。

納得されたり、「私にも使わして欲しい」「俺も使ってみようかな」というような感じで、その商品がきっかけになって仲良くなれると思います。

考え方一つで、おもちゃが良くも悪くなるのは、やっぱり微妙な関係なのかなと思ったりします。

夫婦ならではですよね。微妙な関係が出来るのは。

悪い意味ではなくて、コレをうまく使えばもっと素晴らしい夫婦になれると思います。

つかうんじゃなくて?

うまくいかないときの方法として、いろいろこのブログでも述べてきました。

自分のところの体験談だけでなく、

時には人のところの体験談も読んでみて参考にしたいと思っています。

そこでこの前もいろいろな人のブログを読んでみて、「ああ、なるほどな」と思ったことがありました。

大人のおもちゃを使うのではなく、このおもちゃを集めるといったカップルがいました。

使わないのに買うというのは、どんな感覚なんだろうと思い、そのブログを見てみるとなるほどと思いました。
それはなぜかというと、そのカップルは実は釣りが大好きなのです。

特にルアーなどを使って行う釣りが大好きだということなのです。

ルアーはもちろんのことながら、いろいろな種類を集めますよね。

実際それを使うかどうかは別にしても、なかなか自分にとってこのルアーがよいと思ったら、結局は買ってしまったりしますが、そんな感覚でアダルトグッズのおもちゃを集めていく。

そしてこういう時にはこのおもちゃを使うということを二人で決めているそうです。これってすごくいいですよね。

使うことよりも集めることに特化して、2人が楽しむことができるというのもアダルトグッズならでは。こ

これで2人の微妙な関係を保てるのですからありがたいと思います。

他にも世の中にはいろいろな形で微妙な関係を保っているカップルも沢山いるんですよね。やっぱり勉強になるなあ。

これからももっと他の人の具ログを読んで勉強していきたいと思います。

大人のおもちゃのエトセトラ

夫婦というのは、本当に微妙な関係かなと思います。

それをうまく修復したり、回復させる力があるのが大人のおもちゃではないでしょうか。

これを持つことにより、円滑に事がうまく運ぶということもありますし、今までぎくしゃくした関係でも、仲のよかった恋人同士のような関係に戻ることも可能なのですから。

たかがおもちゃだと笑うことはできませんね。

さて、最近の大人のおもちゃは本当に精巧にできていて、単なる女性を攻めるようなおもちゃではなく、大の男の大人でも思いっきり楽しむことができるのがにくいじゃないですか。

また一番驚くのは、何と言っても値段の安さですよね。

2人の関係が微妙な時でもちょっと小遣いで購入することができるのも嬉しい限り。

または、インターネットなどでは沢山販売されていますので、多くの種類を集めていくのも面白いですし、2人で選んでみるのも面白いかもしれません。

つまり、つかう前からどういったものを選べばいいのか、使ってる時にどういったものがいいのか、使ったあとに次はどんなものを選べばいいのかなど、自由に遊ぶことができるのが、この大人のおもちゃじゃないかなと思います。

いろいろな角度から楽しむことができるのは本当にすごいなと思いますよ。

バイブ、ローターといった物から、もっとすごいものまで本当にたくさんの大人のおもちゃがあるので、いまはいい時代ですね。

もっといろいろな物を探してみようっと。まだまだ出てくるでしょうね。

互いを楽しむためにある

夜のおもちゃって本当にありがたい存在です。

これを使えば喧嘩をしていてもすぐに仲直り.

 

だって、そうやって交際してきたものですから、私たちは。

夫婦になっても、それを使えば十分元通り戻れる。

修復できるわけです。

とはいうものの、大人のおもちゃが必ずしも2人にとってのパイプ役になってくれるというわけではなさそうです。

夫婦になれば、それだけお互いのことがよくわかっているわけで、むしろ妻にとってはこのおもちゃを使って欲しいと思っている時に、私がちがうおもちゃを出してくると嫌がるわけです。

また2人が同じものを使いたいと思っていても、喧嘩をしている時というのは逆にあまのじゃくを起こして、「それを使いたくなかった」みたいなこと言うこともあるのです。

厄介ですよね。

だからこそ夫婦なのかもしれません。

大人のおもちゃに罪はないのに、でもそう言った微妙なバランスをうまく保つことができるのも、この大人のおもちゃのおかげかなと思っています。

だって、このおもちゃがない限りは私たちは、関係が修復できなかったかもしれない事もあったはずですから。

なんて堅苦しい話ばかりしていますが、本当にありがたいなと思っていますよ。

男性が女性をせめる時に使うようなものというイメージがありますが、

むしろ彼女の方から攻めてくるための大人のおもちゃもあるのですから、侮れませんよね。

やっぱり夜は2人で楽しまなければ意味がないです。私はそう思います。

ラブホテルにそっと置いてあったら

ラブホテルにもし大人のおもちゃを置いてみたとするならば、

そこに夫婦が入ってきた場合、そのグッズをつかうかどうか試してみたらおそらく90%ぐらいそのグッズを使うはずです.

衛生的かどうか迷うということがあったとしても、さらの状態で置いていて自由にお使い下さいかいていたならば間違いなく使うはずです.

特に男性の場合は積極的に使うし、女性はいやだいやだと言いながら必ず受け止めるはずです。

それがやはり夫婦と言う意味では無いかと思います。

これがカップルだともしかしたら彼女の機嫌を損ねたらとか思うと使えなくなってしまう可能性はありますが

ホテルまで行くような夫婦ですから、やっぱりお互いがえっちをしたいというのは盛り上がっているはずなのです

そこでエッチなおもちゃが置いてあるとまさしくここぞとばかりに使うに違いありません。

買うとなるとお金も高いので強い抵抗があるのでやめておこうとなるかもしれませんが、ただでお使いくださいと書いてあれば1つのオプションとして必ずと言っていいぐらい夫婦がそのグッズを使うに違いありません

でもそれって本当にすばらしいことだと思うのです。

夫婦だからこそ。これを使うことで仲良くなれるのならこれほどありがたいおもちゃは無いのですから。

関係を取り戻せるおもちゃというのはおそらくホテルのアダルトグッズではないのではないでしょうか。まさかゲームソフトで仲良くなるということはないでしょう。そう考えるとすごいグッズだと思いますよね?

 

 

 

 

 

 

 

微妙な関係だからこそ

2人の微妙な関係と言えばどうしても悪く捉えがちですが

その微妙な関係を維持できることこそが、夫婦にとってもしくは男女の関係にとってはとても大切なことだということに気づかされることがあります。

それは大人のおもちゃを使った時に如実に表れてくるのではないでしょうか。

夫婦で大人のおもちゃを使うのはそんなに簡単ではありませんよね?

だからこそできることと思うかもしれませんが、そんなに簡単にできるのはどちらかというとカップルであるからこそできるわけで、

夫婦になってしまうと意外とこういうことはたやすくできないのです。

だからこそ、この微妙な関係で「大人のおもちゃを使っていいのか」と聞いて「いいよ」と答えているような関係こそが、2人の関係を円滑に結びつける道具になるのでは無いかと思います。

難しいいい方をするかもしれませんが、ようは仲が良ければ良いほど、近づけば近づくほど、こういった道具が使いにくいということです。

また使うことによって微妙な距離があった場合、ぐんと近づくことができる不思議な道具だということもできます。

長いこと2人が結ばれなかったときにこういったものを買えば、実はその距離をぐんとちぢめることもできますし、できなかった日々も 2人とも関係が芳しくなかったことがあったとしても、これを使うことによって元の鞘におさまるような事も可能なのですから不思議なものです。

たかがおもちゃかもしれませんが、されどおもちゃだと感じるのが大人のおもちゃ。今ではいいものがたくさん出ていますので2人で使って楽しむと良いでしょう。

 

 

ポケットTENGA!

私はTENGAが大好きで新商品が出ると、必ず購入して自分へのフィット感を確かめることにしています。

この前もちょっと書きましたよね、この事。。
ちょっと前の発売にはなりますが、ポケットTENGAという商品が発売された時には度肝を抜かれました。
フリスク感覚でオナニーグッズを持ち歩ける時代がくるとは誰が予想していたでしょうか!
薄型のこのTENGAは名前の如く、ポケットに入れて持ち運べるのです。値段もまさかの189円!
こんなにお手軽にオナニーグッズを持ち歩けるなんて、世も末、いや、素敵な世の中になりました。

TENGAって高級路線だけじゃないんだって凄く感動!でもこれじゃあ格安路線なのか高級路線なのかよくわからんですね(笑)

きっとTENGAには遣り残したことでもあって、どっちの路線に進めばいいのかわからなくなって、だからどっちも攻め手やれっておもったんじゃないかなって思うんですが、どうなんでしょう???

まあ、TENGA特集をする側としては、ネタが多くて凄く嬉しいのですが(笑)

病みつきなTENGAオナニーについて

オナニーの革命としてTENGAは不動の地位を築いていますが、中でもお勧めなのがフリップホールタイプです。

繰り返し使える魅力と経済性は抜群で、作りは他のTENGAシリーズに比べても頑丈に出来ています。

劣化しにくく、まさに完璧とも言えるTENGAの最終形態です。普通のピストンに飽きたら、グルグルと回すトルネードオナニーはどうでしょう。

この方式のオナニーは新感覚で気持ち良く、中のヒダが上手い具合に絡みつき、竿と亀頭に絶妙な感覚を与えてくれます。

この前の書いたとおり、TENGAはかなり高級路線を目指しているようですが、これってやっぱりいい傾向だなって私は思います。

ちょっともう少し詳しく、TENGA特集でもしてみようかな?ってワクワクしてきました!

高級志向はTENGAにも影響を与えているみたいだ。

TENGAのオフィシャルサイトを見たことあるでしょうか?現在販売されている全てのTENGAがそこには載っています。
その数あるTENGAの中で一番高いTENGAを知っていますか?
それは『TENGA FLIP HOLE』という商品です。
そのお値段はTENGA希望小売価格で6995円!なんと高級なTENGAでございましょ!ってびっくりしました。ホントに(笑)
TENGA EGGが10個以上買えてしまいます!私は知らないTENGAがあってはならないと思い、試しに買ってみましたんですが、、、
そのTENGA FLIP HOLEが有する、バキューム&刺激を自由自在にコントロールする、フローティングパッドは最高の出来映えでしたね。

パルスIIと合わせて使ってみたいんですが、パルスをつけるとTENGAに入らないのでこれも無理。。。

解決策を今探しているのですが、みつかりそうもないなって感じで、悔しい思いをしています。

時には浮気もしたくなる?それは良くないですね。。。

私達夫婦は比較的うまくいっているほうだとは思うんです。前に記事でも書いたように、時には積極的に大人のおもちゃを使って夜の生活も楽しんでいますので、セックスが数年ないなんていう友人夫婦の事を考えると、とても幸せな夫婦だろうなって思うこともあるくらいですから。

ですが、私だって男です。時には気になる女性とすれ違ったり、会社の飲み会で新人のセクシーな女の子と隣の席になったりすると、とてもドキドキします。

奥様ごめんなさい。。。

でも、やっぱりどこかで歯止めがかかる私はちょっとだけ偉いと自画自賛しています。そしてヘタレだなって情けなくなる事もあるんです。

例えば数日前の出来事。。。

同期の女性で、入社当初に少しだけいい感じになったともちゃん(仮名)に、二人でな飲みにいこうと誘われたことがあるんですね。

その時に、『お!チャンスかも』って思ったんです。でも結局断りました。

勇気が出ないというか、本当に飲みだけだったら寂しいかもって思ったし、誘ってあげたほうがいいのかって悩んでしまって、結局その話は無かったことに。

これでよかったんだと思います。でも、その日は凄くムラムラして、ネットで風俗情報を色々と調べる結果に。

余計ムラムラが溜まっただけでしたね(笑)

 

でも一つだけ収穫もありました。以前から気になっていた電動オナホールに関するまとめサイトで、凄く参考になるのを見つけたんです。

この電動オナホール通販情報をまとめているサイトなのですが、見ていて楽しかったのはカップル向けの電動オナニーグッズっていうコーナーがあるんですね。

オナニーグッズで二人のラブタイムにも使えるってどういう事か良くわからなかったのですが、見てみたらなるほどって納得でした。

私が知らない大人のおもちゃって本当に色々あるんだなって思って凄く感動してしまいましたね。

結局、このサイトでも紹介されていたパルスっていうおもちゃを購入する事になったのですが、まだ奥様とのプレイでは使っていません。

今週のお休みの日にでも誘ってみようかと思います。

また、感想などこのサイトに書くかもしれませんのでお楽しみに(笑)