こんな関係が保たれる。

夫婦のバロメータ は他にもいろいろあります。

例えばどこかのレストランに行った時に、夫婦はお互いに別々のもの頼んだりしたり、または全く同じものが頼んだりします。

となると他の人からみると。別々のもの頼んだときは仲が悪いのかなと思ったりしますがそうではありません。

別々のものをたのんだ時と言うのは、お互いがお互いのものを半分半分にしようという「あうんの呼吸」のようなものがあるのです。

また、同じものを頼んだ時と言うのは、お互いにこれが美味しかったよねと話をするために同じものを敢えて頼んでいるということがあります。

これって本当に夫婦ならではだと思うのですね。

最近では妻の方が大人のおもちゃを選ぶ傾向があります。ネットなどでも女性が選んで頼むことが多くなったと専門サイトのオーナーなどがよくいいます。

いまの女性は積極的になったというよりも、男性に対して愛情を注ぐという感覚がだいぶできてきたと思われるのです。

これぞまさしく夫婦のバロメータです。

でもこのバロメータがなかったとしても夫婦はそもそも2人の見えないバロメータがあるのです。それを表面化してくれるのが、アダルトグッズであり大人のおもちゃであると言えるのです。

アダルトグッズを使い終わった後に衛生的にきれいに洗い流しているのは夫との方なのですよ。では妻の方が何をしているかというとベッドでイったまま倒れているものなのです。

妻が気持ちよくイってくれたと喜んでいる夫と、私をイカしてくれたんだと喜んでいる妻。これぞまさしく2人の微妙な関係だと言えるのではないでしょうか。

よく言っているのです

 

 

夫婦のバロメーター

夫婦でよく映画を観に行きます。

それはラブストーリーの時の話の時は、私はどちらかというと黙っていて、妻の方がこういうときは雄弁になるものです。

一方で戦争ものや歴史物に関する映画を見たときは妻はだまっていて、私の方が雄弁になるものです。

これは面白いもので、お互いがどちらかのイニシアティブを取ったという風に自慢してるのでは無いのです。

お互いがお互いの好きな領域を認め合う。だからこそ、その時は好きなように話をしたらいいというルールがあったり、恋愛ものの時は私が話するからしっかりと聞いておいてね、戦争ものの時は君が黙って俺の話を聞いていてくれればいくらでも話をしてあげるよと言う立場になれるのも、まさしく夫婦ならではだなと思います。

ほかのカップルかどうかわかりませんが、大人のおもちゃを何点か置いてえらべといわれたときにも、夫ならこれを選ぶ時は、妻も同じものを指さしているはずなのです。

夫としてはこの機械を使いたいのはこういう風にして使うんだと思っている時、奥さんのほうも夫がこのようにして使いたいんだろうなっていうこともなんとなくわかってくるようなのです。

大人のおもちゃは夫婦のバロメータだと言えるでしょう。お互いがうまく使ってうまく使いこなされてとの関係が成り立っていくのでしょう。こういった存在のものは大人のおもちゃ以外いないのではないでしょうか。

夫婦の中で干渉することなくその間を取り持つ関係でいるのはまさしく大人のおもちゃだけなのですよ。

 

三角関係のおもちゃの存在

まさに夫婦だからこそ実感するようなことっていうのはたくさんありますよね。

今日は何か油っこいものを食べたいなと思っていたりとか、久しぶりにどこかに出かけたいと思ったことは、なぜか妻にも伝わっているものなのですよね。

こういう感覚はカップルでは絶対にないですし、夫婦だからこその感覚なのでしょうね。

セックスも同じことが言えるのではないでしょうか。

大人のおもちゃを使えば、微妙な関係をお互いに保ち続けることができると思いがちですが、実は大人のおもちゃを使いたいと思う、または大人のおもちゃを使わせるという2人の関係が何も言わなくてもわかってくるのだと思います。

夫婦というのは、もともとやはり赤い糸で結ばれているのでしょうね。そこに三角関係のように存在するのが大人のおもちゃであり、微妙な関係をたもってくれているのだなと思います。

もしここに大人のおもちゃがなかったらどうなっていたのかなと思ったりする時があります。

つまり家の中でペットを買っている時と言うのはよく「家族の一員」と当然いえますが、大人のおもちゃも然りで、 2人がどのようにそれを使うのかと言うことは、飼ってるペットと同じように二人にとっては家族同然のように感じる時があるのです。

これを使うときのタイミングやどのように風に使えばいちばん喜んでもらえるかなと色々なことを考える、つまり相手のために何かをしたいと思う気持ちが出てくるという点でも非常に大切な存在だと言えるのです。

 

非常に大切な靴だと言えるのです

 

かませるのだと思います

夫婦の微妙な関係といいますが

夫婦というのは一体どんな微妙なバランスで、結びついているのか本当に不可解なことですよね。

お互いが全く喋らなくても内容がまるで全て分かっているかのように過ごしている夫婦もいれば、朝から晩までべったりくっついているにもかかわらず、実際は家の中で冷めた関係でいる夫婦もいます。

外に出ている状態とは裏腹で、鉄仮面夫婦などもいるのですから、そのなかは本当にわからないものですよね。

と言う事は夫婦というのは、本当に微妙な関係で成り立っているのだなということがよくわかります。

よく大人のおもちゃを使うことによって、夫婦の過ごし方がわかるといいますが、大人のおもちゃが入り込むことによって、維持されるというよりかは、密接な関係があるからこそこ大人のおもちゃと言う微妙な関係が維持されるのではないかと思うのです。

 

つまりお互いが尊敬しあったり、またはお互いがお互いを思いやる気持ちがあるこういったちょっとした微妙な関係があるときに、アダルトグッズが奏功するのだと思います。

何もないカップルや夫婦がアダルトグッズつまり大人のおもちゃを使うことによって急に仲が深くなると言う事は無いのです。

そうなるとやっぱり夫婦というのはすごい関係だなといつも思います。

タンスの引き出しを開けるとでてくるアダルトグッズ。今夜はこのアダルトグッズを使おうかなと考えてる夫、どんのなものを使ってくるのかしら?と期待している妻とこの微妙な関係が良いのかもしれませんね。

 

、今夜はこの靴を使おうかしらと

 

夫婦だからこそ

夫婦と言うのはお互いにセックスしよう、などと言わなくても必然と言う位に

ベットの中で1つになることができるのです.

これはお互いに生活していれば、だんだんとわかってくるものなのですが、そろそろ彼が求めてくる、そろそろ妻を求めたい、というのが暗黙の了解でわかってくるのでしょうね。

でもやはりそのタイミングであったとしても、子育てに妻がつかれていたり、残業が続いていたりするなど、夫婦のセックスにバランスが崩れてしまうということもあります。

そういう時のお互いの潤滑油になるのが大人のおもちゃでは無いでしょうか。うまく使うことによって夫婦の関係を微妙に調整してくれるのは最高の役割だと思うのです。

アダルトグッズがなければもしかしたら夫婦はうまくいっていないのかもしれません。そう考えると「子は鎹」と言われるぐらいに子供が大切だと言えるのですが、特にセックスに関してはアダルトグッズ様々だという時があります。

最近では女性に挿入するアダルトグッズだけでなく、男性をせめるようなアダルト物も販売されていますので、男性が主導権を握る時代ではなく、女性が主導権を握ることもある、そういう世の中になってきているのです。

お互いのベットの中で使いたくなるのも当然なのです。アダルトグッズの種類や夫婦の2人の関係もどんどん良くなってくると思われます。

 

そうなるとアダルトグッズの本来の機能よりも、最も結果を出してくれる機能だと言えますね。

さて、今日も私は妻に対してアダルトグッズを使う予定です。