こんな関係が保たれる。

夫婦のバロメータ は他にもいろいろあります。

例えばどこかのレストランに行った時に、夫婦はお互いに別々のもの頼んだりしたり、または全く同じものが頼んだりします。

となると他の人からみると。別々のもの頼んだときは仲が悪いのかなと思ったりしますがそうではありません。

別々のものをたのんだ時と言うのは、お互いがお互いのものを半分半分にしようという「あうんの呼吸」のようなものがあるのです。

また、同じものを頼んだ時と言うのは、お互いにこれが美味しかったよねと話をするために同じものを敢えて頼んでいるということがあります。

これって本当に夫婦ならではだと思うのですね。

最近では妻の方が大人のおもちゃを選ぶ傾向があります。ネットなどでも女性が選んで頼むことが多くなったと専門サイトのオーナーなどがよくいいます。

いまの女性は積極的になったというよりも、男性に対して愛情を注ぐという感覚がだいぶできてきたと思われるのです。

これぞまさしく夫婦のバロメータです。

でもこのバロメータがなかったとしても夫婦はそもそも2人の見えないバロメータがあるのです。それを表面化してくれるのが、アダルトグッズであり大人のおもちゃであると言えるのです。

アダルトグッズを使い終わった後に衛生的にきれいに洗い流しているのは夫との方なのですよ。では妻の方が何をしているかというとベッドでイったまま倒れているものなのです。

妻が気持ちよくイってくれたと喜んでいる夫と、私をイカしてくれたんだと喜んでいる妻。これぞまさしく2人の微妙な関係だと言えるのではないでしょうか。

よく言っているのです

 

 

夫婦のバロメーター

夫婦でよく映画を観に行きます。

それはラブストーリーの時の話の時は、私はどちらかというと黙っていて、妻の方がこういうときは雄弁になるものです。

一方で戦争ものや歴史物に関する映画を見たときは妻はだまっていて、私の方が雄弁になるものです。

これは面白いもので、お互いがどちらかのイニシアティブを取ったという風に自慢してるのでは無いのです。

お互いがお互いの好きな領域を認め合う。だからこそ、その時は好きなように話をしたらいいというルールがあったり、恋愛ものの時は私が話するからしっかりと聞いておいてね、戦争ものの時は君が黙って俺の話を聞いていてくれればいくらでも話をしてあげるよと言う立場になれるのも、まさしく夫婦ならではだなと思います。

ほかのカップルかどうかわかりませんが、大人のおもちゃを何点か置いてえらべといわれたときにも、夫ならこれを選ぶ時は、妻も同じものを指さしているはずなのです。

夫としてはこの機械を使いたいのはこういう風にして使うんだと思っている時、奥さんのほうも夫がこのようにして使いたいんだろうなっていうこともなんとなくわかってくるようなのです。

大人のおもちゃは夫婦のバロメータだと言えるでしょう。お互いがうまく使ってうまく使いこなされてとの関係が成り立っていくのでしょう。こういった存在のものは大人のおもちゃ以外いないのではないでしょうか。

夫婦の中で干渉することなくその間を取り持つ関係でいるのはまさしく大人のおもちゃだけなのですよ。

 

三角関係のおもちゃの存在

まさに夫婦だからこそ実感するようなことっていうのはたくさんありますよね。

今日は何か油っこいものを食べたいなと思っていたりとか、久しぶりにどこかに出かけたいと思ったことは、なぜか妻にも伝わっているものなのですよね。

こういう感覚はカップルでは絶対にないですし、夫婦だからこその感覚なのでしょうね。

セックスも同じことが言えるのではないでしょうか。

大人のおもちゃを使えば、微妙な関係をお互いに保ち続けることができると思いがちですが、実は大人のおもちゃを使いたいと思う、または大人のおもちゃを使わせるという2人の関係が何も言わなくてもわかってくるのだと思います。

夫婦というのは、もともとやはり赤い糸で結ばれているのでしょうね。そこに三角関係のように存在するのが大人のおもちゃであり、微妙な関係をたもってくれているのだなと思います。

もしここに大人のおもちゃがなかったらどうなっていたのかなと思ったりする時があります。

つまり家の中でペットを買っている時と言うのはよく「家族の一員」と当然いえますが、大人のおもちゃも然りで、 2人がどのようにそれを使うのかと言うことは、飼ってるペットと同じように二人にとっては家族同然のように感じる時があるのです。

これを使うときのタイミングやどのように風に使えばいちばん喜んでもらえるかなと色々なことを考える、つまり相手のために何かをしたいと思う気持ちが出てくるという点でも非常に大切な存在だと言えるのです。

 

非常に大切な靴だと言えるのです

 

かませるのだと思います

夫婦の微妙な関係といいますが

夫婦というのは一体どんな微妙なバランスで、結びついているのか本当に不可解なことですよね。

お互いが全く喋らなくても内容がまるで全て分かっているかのように過ごしている夫婦もいれば、朝から晩までべったりくっついているにもかかわらず、実際は家の中で冷めた関係でいる夫婦もいます。

外に出ている状態とは裏腹で、鉄仮面夫婦などもいるのですから、そのなかは本当にわからないものですよね。

と言う事は夫婦というのは、本当に微妙な関係で成り立っているのだなということがよくわかります。

よく大人のおもちゃを使うことによって、夫婦の過ごし方がわかるといいますが、大人のおもちゃが入り込むことによって、維持されるというよりかは、密接な関係があるからこそこ大人のおもちゃと言う微妙な関係が維持されるのではないかと思うのです。

 

つまりお互いが尊敬しあったり、またはお互いがお互いを思いやる気持ちがあるこういったちょっとした微妙な関係があるときに、アダルトグッズが奏功するのだと思います。

何もないカップルや夫婦がアダルトグッズつまり大人のおもちゃを使うことによって急に仲が深くなると言う事は無いのです。

そうなるとやっぱり夫婦というのはすごい関係だなといつも思います。

タンスの引き出しを開けるとでてくるアダルトグッズ。今夜はこのアダルトグッズを使おうかなと考えてる夫、どんのなものを使ってくるのかしら?と期待している妻とこの微妙な関係が良いのかもしれませんね。

 

、今夜はこの靴を使おうかしらと

 

夫婦だからこそ

夫婦と言うのはお互いにセックスしよう、などと言わなくても必然と言う位に

ベットの中で1つになることができるのです.

これはお互いに生活していれば、だんだんとわかってくるものなのですが、そろそろ彼が求めてくる、そろそろ妻を求めたい、というのが暗黙の了解でわかってくるのでしょうね。

でもやはりそのタイミングであったとしても、子育てに妻がつかれていたり、残業が続いていたりするなど、夫婦のセックスにバランスが崩れてしまうということもあります。

そういう時のお互いの潤滑油になるのが大人のおもちゃでは無いでしょうか。うまく使うことによって夫婦の関係を微妙に調整してくれるのは最高の役割だと思うのです。

アダルトグッズがなければもしかしたら夫婦はうまくいっていないのかもしれません。そう考えると「子は鎹」と言われるぐらいに子供が大切だと言えるのですが、特にセックスに関してはアダルトグッズ様々だという時があります。

最近では女性に挿入するアダルトグッズだけでなく、男性をせめるようなアダルト物も販売されていますので、男性が主導権を握る時代ではなく、女性が主導権を握ることもある、そういう世の中になってきているのです。

お互いのベットの中で使いたくなるのも当然なのです。アダルトグッズの種類や夫婦の2人の関係もどんどん良くなってくると思われます。

 

そうなるとアダルトグッズの本来の機能よりも、最も結果を出してくれる機能だと言えますね。

さて、今日も私は妻に対してアダルトグッズを使う予定です。

 

 

 

 

 

優越に立てるということ

ここぞとばかりにこの商品を見せる ときって誰しもありますよね。

前回のブログでもそれがアダルトグッズとしてここぞとばかりにこの商品を見せると書きましたが別にアダルトだけに限りませんよね?

彼氏の浮気現場の写真やまたは欲しかった商品がなかなか手に入らなかった人に対してようやく探し当てた商品を見せる時など、まるで相手に貸しを作るかのような表現の仕方をするのがたまらなく優越感を感じたりすることって誰しも持っていますよね。

特にセックスに関する点において優越感を持つ、つまりここぞとばかりにこの商品を見せつけると言わんばかりの時は、自分が男性の場合は女性をひざまづかせるという感じもしますし、女性にとっては男性を土下座させるような感じでも捉えることが出来ますよね。

これぞ究極の気持ちのよい快楽を感じることができる方法では無いでしょうか。

けっしてそういうことをしてもらうためにやってる訳では無いのでしょうけど、人間は自分が優越に立ったときほど気持ちのいいものはありませんよね。

だからスポーツというのはいつまでたっても人間の中では存在するのだと最近改めて思うようになりました。

人間にとって体動かすと言うことを考えると、おそらくセックスだけでしょう。セックスしないのに運動だけするというバカなことをするのは人間だけでは無いでしょうか。この動物でもかならず自分の子孫を残すために体力だけは残しておきますし交尾をしたら力尽きることはあっても交尾をせずまま力尽きて死ぬようなことはまずないですものね。

 

ここぞとばかりにこの商品を見せる。

妻に主導権を握られる という経験はありますか。

というよりも、最近奥さんとエッチをしていますか。

ほとんどの方が御無沙汰だっていう人もいるかもしれませんし、中には全くしていないという人がいるかもしれません。

しかしそうなる前に、なぜそうなったのか覚えていますか。

奥さんはあなたの事に興味を無くしたわけではありません。

むしろエッチがしたいと思っているのです。

あなたの何かしらの行動が許されなかったからこそ、体を許さないのかもしれませんね。

強引に奥さんの体を求めたがために、奥さんが嫌になってしまったのかもしれません

そこでもし奥さんをだきたい、女を抱きたいと思うならば、ある1つの行動をとらなければなりません

それは何かというと「奥さんに主導権を握らせる」ということなのです

そこで私の前でオナニーしてと言われたらどうでしょうか。

その時に奥さんをびっくりさせるようなアダルトグッツを見せつけませんか。

それが、A10サイクロンSAです。まずもって奥さんはその商品を見てびっくりされるに違いありません。

これって掃除機なの?とかか水筒なの?とかあながち外れてもないような感じで

質問してくるに違いありません。しかしこれがこう使うのだよと見せつけると本当に興味をもってあなたのペニスと揺れ動くa10サイクロンSAを見つめ続けるに違いありません。

これぞ夫婦です。この機械よりもお前の体を使って気持ちよくなりたいんだといえば、奥様も「馬鹿な人ね」と言わんばかりにあなたを笑顔で受け入れてくれるに違いありません。

 

 

 

妻に主導権を握らせる

道具を使う夫婦には恥じらいが」でも書いたのですが夫婦と言うのはなんとなく、微妙なバランスを保っているような気がするのです。

道具を使え仲が良くなるとか、

道具を使わなければ仲が悪いままだとかいうわけではなく

それを使うのも相手のためだと言うか、なんとなく自分のためではなく

愛している人のために使うんだと思えばお互いが嬉しくなりますし

逆に自分の欲望のために使うとなると

相手も使われるのが嫌だと思ったり、もしくは勝手に使うなと思ったりなどして

険悪な仲になると思われます。

二人の関係を築き上げることができるのですが、

夫婦はいちど溝ができると、どうしても修復するのには時間がかかってしまいますしこれからも続いていく関係を考えると、道具を使うのにも躊躇する人も出てくるでしょう。

そこで大人のおもちゃを男性が買ってくるのではなく、

女性と一緒に選ぶかはまたは女性に選んでもらうかしてもらうのもひとつの選択肢かもしれませんね。

最近は女性用のアダルトグッズ専門サイトもたくさんがふえてきていますので

そういったところを夫婦で見るなりもしくは奥さんが見るなどして大人のおもちゃの主導権を握らせると言うのも面白いかもしれませんね。

こういう微妙なバランスを保っての関係と言うのは、夫婦ならではだと思われます。だからこそ面白いですし、そうだからこそ奥深いものだと思われます。

 

すす付き合ってる時のようにカップルならまだおもちゃを使う場合でもそれなりの

道具は夫婦の架け橋

世の中微妙というものがあります。

夫婦仲も例にもれず。

特別仲がよいというわけでもなく・悪いわけでもない。

かといって、愛し合ってるかというとそうではなく、嫌いかといえばそうでもない。

変な関係、つまり微妙な関係がずっと続くのが、これがまた夫婦と言うものではないかと思います。

しかし男性にとりましては夫婦というのは、まさしく性の対象であって仲がよくても仲が良くなくても、とりあえず射精ができる環境だけは常に整っておいてほしいと思うものです。

家庭に女性がいるからこそ、そのカラダを自由に使えるというか、男性は妻にそういうことをアピールしたいかもしれません。

「それだけかい?」

それが私が盛り上げようとするよこで、妻の心の声が聞こえてきそうです。

 

でも、男性は結構努力を怠っているような気がします。

女性の場合は化粧したり服を変えるなど盛り上げるのに一生懸命努力をしていたとしても、男性の場合は取り立てて何かをするわけでもなく、しいてできるとすれば精力剤をとることでしょうか。

どうしても夫婦としては盛り上がりません。

精力剤も可愛らしい彼女だったら効果も長くなってくれるでしょうが、妻に付いているものもすべて同じですので、盛り上がらないんだなあ。

そこで登場するのが大人のおもちゃですよね。

それを使って妻をいかせるとか、こちらが興奮するとかではなく、性生活が円満に続く道具になってくれればいいし、そう思ってる人も多いのではないですか。

若くは無いからこそ、道具の力に頼る。

なんだかとても現実的ですよね。

 

 

 

 

道具を使う夫婦には最初は恥じらいが。

夫婦といっても、新婚当時の夫婦と長年連れ添った夫婦といろいろな夫婦があると思います。

いつの時でもいつの場面でもおもちゃを使うというのは結構恥ずかしいですよね。

いつ頃だったかなぁ?このおもちゃを使い出したのは。

どちらから言い出したのか、全く覚えていませんが、多分自分だったのではないかと思います。そして彼女自身がそれに恥じらいを見せて、こんなもの使いたくないといったことだけはなんとなく覚えています。

でもこういうおもちゃというのはいざ使ってみると楽しいものですよね。

2人の関係は使う前と使った後では全然違ってくるのです。

おもちゃといえどもあなどれないなとその時はひしひしと感じました。

もちろん使うおもちゃによっても違ってきます。

最初に使ったおもちゃが良くても悪くても、ものすごくインパクトがあります。

二人がこれからおもちゃを使っていくときとかでも、最初に使ったおもちゃが思い出となって残っていくものです。

最初ちょっと強引に入れたりなんかして、怒られたりするんだけれども、バイブの振動を強めたりなどして、ちょっと妻には申し訳ないなぁと思ったりもします。

ところがどっこい妻の方がもっと強さを求めてきたりするのです。

さっきの恥じらいはなんだったのかなと思う時があります。こういう微妙な関係はたまりませんよね。

皆さん夫婦でどのようなおもちゃを使って楽しんでいますか。バイブだけですか、それとも他のものをいろいろ使っていますか。

人が道具を使っているところは見たことがないので、見たらさぞかし恥ずかしいでしょうね。